日本の将来 倉庫・動画・魚拓サイト

日本の将来というブログを書いています。関連した資料や動画、魚拓の倉庫。リンクフリーです。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

麻生財務相、消費税率の8%への引き上げについて「景気が悪い中では上げない」

麻生太郎財務相兼金融担当相は27日未明、財務省で記者会見し、2014年4月に予定している消費税率の8%への引き上げについて「景気が悪い中では上げない」と述べ、景気動向によっては増税の先送りもあり得るとの認識を示した。予定通り増税するかは、来年10月までに最終判断する方針を明らかにした。

麻生財務相は、消費税増税の条件である「経済状況の好転」を達成するため、大規模な2012年度補正予算案を編成する必要があると強調。「政権が変わり、経済対策、デフレ不況対策、雇用対策に前向きになったと思ってもらえる補正予算を組むのが(増税の)大前提だ」と述べた。

麻生氏は、補正予算を来年1月半ばに閣議決定する日程を示した上で「公共事業は全て悪だという発想は間違っている」とし、減災・防災対策を補正予算案の柱に据える考えを表明した。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121227/stt12122708420005-n1.htm

消費税増税も景気対策もどちらも必要だが、物事には順序があるということだろう。
麻生氏や安倍総理の判断は正しい。
では谷垣元総裁はどうだったのかという話になるが、三党合意によって民主党と意見を合わせることで結果として民主党の崩壊を導くことができた。
また自民党はテレビは報道していなかったが景気条項というものを設けており、景気回復していない状況下での消費税導入は認めていなかった。

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ
にほんブログ村
関連記事
[ 2013/01/01 21:02 ] 自民党 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
最新記事
フリーエリア
プロフィール

さくら

Author:さくら
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。